無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ブラジルGP展望・・・・・さあて注目だ。
王者が決まるブラジルGPだ。正直、なんだか大ハプニングがありそうな気がする。リタイアがらみで決定しそうだ。
可能性はハミルトン、アロンソ、ライコネンだがライコネンは圧倒的にふりな状況であろう。FIAがマクラーレンを監視することが決まっており公平な扱いがされ誰もが満足する王者争いを繰り広げられるようにするようだ。
となるとマクラーレンはドライバーの心理状態がかぎになってくるのであろう。
アロンソは様々な噂の中で動いてはいるが前よりは安定した精神状態で走ることができそうだ。一方ハミルトンにしてみれば言われているようなことは彼にしてみれば心外であるわけだから気分のいいものではないだろう。
いずれにせよロン・デニスはかやの外という感じになりそうだからハミルトンがいかに精神的に強かろうと王者へのストレス、プレッシャーは我々一般人には知る由もないほど強烈だと予想される。
一方ライコネンは失うものは全くない。勝つために全力を尽くすだけなのだ。状況が許せばマッサ優勝、ライコネン2位という形でフェラーリダブルタイトルという冗談のような形でのシーズンがおわることになる。
まあマクラーレンのどちらかが王者にならなければ実際問題として今シーズンの価値が大きく下がるような気もするがスパイゲートを考えると本来はライコネンが王者であることのほうが適当ということも言える。
将来的には今年のマクラーレンの処分に対する考え方で評価が大きく分かれるシーズンなのだろう。
漫画的に行けばマクラーレン同士討ちでライコネンが王者。来季アロンソがフェラーリ入りとなるのだろうが実現したら八百長だろう。
ハミルトンの心理状態に対する考え方で予想が人によってかわるのだろう。
ちなみに私はアロンソの逆転王者かなと。
どんなに強靭な精神力の持ち主でも周りはほぼ全員が敵の上FIAの監視付、その上ロン・デニスチーム・オーダーなど出せる状況ではないので戦略面や経験の差でアロンソが堅実にせめ、ハミルトンはあせりから何かしらトラブルを起こしリタイアもしくは入賞を逃すということになるような気がする。
コース上でもハミルトンは日本GP以降周りのドライバーは好意的とは思えない。ただしFIAが上位3台が近づいてきたときは過去にもあったように完全にアンタッチャブルとするお触れをだすかもしれない。これがあれば状況は一気にハミルトンに有利傾くだろう。
他の期待はマッサの地元優勝のみ。これはマクラーレン側に王者の可能性がなくなった場合やライコネンが序盤でなにかしらの要因で下位に沈んだときにありうるだろう。彼のスポーツマンシップに地元優勝というご褒美があることを祈りたい。
中嶋一貴選手は今後のF1での評価が一気にたかまるかどうかの重要なグランプリだ。初レース初入賞ができれば彼の評価は絶対的に高まる。トップチームの常連もしくはエースになれるかはこのグランプリにかかっている。
というわけで予想。ちなみに金曜は曇りのち晴れ、土曜は曇り、日曜日は快晴の予想になっている。
1.ライコネン 2.アロンソ 3.マッサ 4.コバライネン 5.ウェバー 6.クビツァ 7.バトン 8.中嶋
という極楽そのものの超のんき予想をたててみた。結果王者はアロンソ。
アロンソ111ポイント、ライコネン110ポイント。まあ納得かなと。
これを覆すにはハミルトンは4位以上の完走狙いが重要になってくる。単なる完走では逆転されてしまうわけだ。アロンソはハミルトンを押さえにかかりライコネンは純粋に勝ちにいくだけ。マッサは最初からハミルトンを押さえにかかるだろう。というわけでいかにマッサがハミルトンにプレッシャーをかけるかが重要になる上に予選が重要になる。マッサが上位にいけばいくほどハミルトンはあせりが出てくると見る。
予選どころかフリー走行すら重要なグランプリだ。
おそらくラルフ・シューマッハーの最後のGPとなるうえにトヨタが正常に参戦する最後のグランプリになりそうなだけに注目の一戦となる。
トヨタが何故正常に参戦できるGPになるかというのは・・・・・なんとなく来季限りでトヨタが一旦F1活動の見直しをするのではないからと思うからだ。エンジン供給からやり直しをするというのもひとつの手段だろう。今のままではいずれにせよ日本系チームは危機的状況をむかえるのだろう。
F1全体で考えるとバブル的盛り上がりはマイナスのような気がするから一度冷静に計画を見直すべきではないかと思うのだが・・・・・・・ 
| F1スピード小僧 | F1 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2007/10/16 3:06 PM posted by: マッサイコネン
なんだか、皆色んな思いを持って走るって感じですなぁ。確かに今回は何がどうなっても、その結果に納得せざるをえなそう。ま、当日になれば解る事なんで、何かが起こるのを期待して…
2007/10/17 5:01 PM posted by: 管理人
マッサイコネンさんコメントありがとうございました。
多分おそらくは3人のうち誰かのファンであれば単純に支持しているドライバーを応援するという状態なのかなと?
まあ勝ったものがそのまま王者といかないのが難点ですが、それに近い状況があるから結果として(偶然)素直にどんな状態であっても素直に受け入れられそうです。
最後まで目が離せないレースはやっぱり楽しみですね。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://f1speed.uncle-matu.com/trackback/646039