無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
3位以下の走りがたのしい。すさまじいハミルトンの走りが感動もの

JUGEMテーマ:車/バイク



JUGEMテーマ:スポーツ


ハミルトンがひたすら速い。ボッタスが瞬間凄さを見せたが、最後には王者のすさまじさがすべてを決めた
2019年のR1ははたしての状況が相変わらずあるのだが
フェルスタッペンが意地を見せてくれた。
フェラーリ2台に割り込み予選4位。ホンダパワーがはたしてどこまで行くのかが本当に楽しみだ。
はたして???の状況が軽くあったフェラーリだが、ベッテルが常に走りを見せてくれた。
明日の予選のイン、アウトの分での案外の差がもしかするとの期待を抱かせてくる
しかしホンダパワーの復活が本当に楽しさを分けるシーズンになるのかもしれない。
それ以上にフェラーリエンジンは決して悪くはないというハースの走りが期待をさせてくれるものだ。
グロジャンの地道な走りで順位を上げそれなり成果を見せくれている。
そう、3位以下が真剣に面白い走りを見せてくれることが明確になってきているのだ。
この中でだれがハミルトンを本気にさせるのかがポイントであることを明確にした予選と言えるだろう。
ボッタスの何気にない素晴らしい走りだけではまだ追いつかないというハミルトンの凄さ。
はたして今季も・・・・の状況。
これってフェルスタッペンを始めとする速さ丸出しのドライバーの走り次第ではということだな。
決勝での走りは結構面白い部分を期待できそうだ。
だが・・・・はメルセデスになかなか現状の差が・・・・うーむの状況があることは確か。
悪くはない感じがあることだけは確かだ。
凄まじく速いレースが楽しいか楽しくないか?
そして3位以下の強烈な順位争い。

そのあたりを中心にしてみるしかないのが現実だな。

| F1スピード小僧 | F1 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://f1speed.uncle-matu.com/trackback/1239804