無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
パワーユニットははたしてどこまで持つのか?それが今後の問題か?

JUGEMテーマ:スポーツ



JUGEMテーマ:車/バイク



なんだかんだでやはりバーレーンのトロロッソはホンダパワーの成果だろう。
そうマシンとパワーユニットががっちりいい感じになったのだろう。
完全にルノーの上に行っていることはレッドブルの悲劇からも明らかなのかもしれない。
何かが欠けていたのは・・・・まあマクラーレンとホンダは現在はあまり意見が一致していなかったのだろう。
根本の考えが合わなければ成果はでない。
だがトロロッソはその解答を出し始めている。
期待ができる状況に鈴鹿までにしてほしいところだ。
そうフェラーリ、メルセデスの次の場所はトロロッソ・ホンダという状況があり得る感じだ。

ホンダパワー復活の前兆がバーレーン
それを確実なおものにするための中国GP
そういう見方で明日から期待の3日間になることを期待だ
| F1スピード小僧 | F1 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://f1speed.uncle-matu.com/trackback/1239778