無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ベッテルが勝利。2連勝。しかし大荒れの部分が大きかったレースだった。

JUGEMテーマ:スポーツ



JUGEMテーマ:車/バイク



あまりにも凄すぎのレースに近いのだが、優勝争いではないところが問題かと
フェルスタッペンの暴れ方とレッドブルのマネジメントの乱れが一番の波乱要因でもあった。
しかしライコネンのポットクルーをはねるはびっくり状態。
あれは間違いなくスタートを出すのが速すぎでタイヤ装着がおわっていなかった。
ライコネンが怒りの行動をとるのも無理はない感じだ。
だがそれ以上にフェルスタッペンの荒れ方がかなりそろそろ
だがあれぐらいがあってもよさそうなのだが、周りがついていっていない状況
しかしそれでもかなり自制があってもの状態のレースでもあった。
父親もすごかったが息子もの状態がなんとも。
リカルドのマシントラブルもありレッドブルが過去の栄光を放りだしたかのようなレースでもあった。
レースはハミルトンの見事な追い上げとボッタスの安定した走りがささえていたかのような雰囲気。
ベッテルがそれに対しての見事な走りであった。
次は中国、はたして??
| F1スピード小僧 | F1 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://f1speed.uncle-matu.com/trackback/1239776