無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
フェラーリ復活が・・・・ハミルトン説の正しさが証明されつつある。ベッテルポール!!

JUGEMテーマ:スポーツ



JUGEMテーマ:車/バイク



なんだかんだのベッテル復活はやはり期待ができるレースにつながりそうだ。
ハミルトンの5グリッドダウンでの何かしらの気分的なものが・・・という以前に
すでにハミルトンはパワーユニットについては大差なしの発言が出ている。
ボッタスの不振は不振ではなくマシン差による部分での力の表現がなくなったということなのだろう。
見事な走りが決勝ではすべての順位で見ることができそうな雰囲気もあり
かなりの期待のレースになりそうだ。
ハミルトンはベッテルの復活に対してどこまで迫れるのか?
キチンと仕事をこなし、それ以上の走りを確実に見せてくれているライコネン。
フェラーリはパワーユニット以上にこの二人の走りの凄さが支えている。
完全にドライバー対決という見方ができそうなグランプリだが
ハミルトンの5グリッドダウンがどのように影響してくるのかが問題なのかもしれない。
ベッテル・ライコネンの1-2なのか?
それにメルセデスがどこまで迫れるのか?

1ベッテル2ライコネン3ボッタス4ハミルトン5リカルド
6ガスリー7マグヌッセン8ヒュルケンンブルグ9オコン
10サインツ11ハートレー12ペレス13アロンソ14ヴァンドーン
15フェルスタッペン16グロジャン17エリクソン
18シトロキン19レクレール20ストロール

ハミルトンは決勝は5グリッドダウン
| F1スピード小僧 | F1 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://f1speed.uncle-matu.com/trackback/1239775