無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
はたして?パワーユニット性能のアップの度合いは?

JUGEMテーマ:車/バイク



JUGEMテーマ:スポーツ



確かにメルセデス独走という状況からは軽く抜けそうな感じはある。
連勝が簡単ではなくなったということがその証明なのだが。
たしかにメルセデス内のまとまりがイマイチだった雰囲気ということもあるのだが
ドライバーをどちらをと、感じさせているチームだったということで連勝が止まったという雰囲気が・・
そう、マシンの問題ではなく、チーム内対立が実は軽く・・・

そうボッタスは地元的
だがハミルトンはイギリスの人。
そのあたりのチーム内サポートがイマイチになっていた雰囲気があるからだ。

だがパワーユニット、あからさまに独走ではなかったことは確かだ
フェラーリもルノーも見えてくるものがあったことは確かだろう。
そう、勝利があるということはそれなりの成果はあったはずなのだ。

だがそれがメルセデスの自滅の時に重なり・・・・そう実際は相変わらずではないのか?
と、いう感じ方をしてしまったということがあるのだろう。

ルノー自身が我々はあからさまに進化したのだ!という発言が出てきている
その発言は確かに間違いがないと思う。
ルノーの今年の失敗はドライバー選択にあったわけだから、間違いないだろう。
思い上がったドライバーの採用がチーム全体にの状況とパワーユニット性能の雰囲気が変に絡んでしまったのだ。
ルノーが成果を出しつつあるのは間違いない。
さあてその昔のウィリアムズ時代のようなことがまた起こせるのか?

ルノーが燃えてきていることが発言からも見えてきている。
来季は結構なにかが起こりそうな予感。

おいおい、ホンダ、なんとかしろよ!の世界が来季は見られるのかもね。
トロロッソとの出直しがはたしてどこまでの成果に結びつかられるのか?
ちょっと期待してみようかな。

メルセデスVSルノーVSホンダになればかなり面白いシーズンが期待できる。
パワーユニットに期待のシーズンが2018なのかもしれない
| F1スピード小僧 | F1 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://f1speed.uncle-matu.com/trackback/1239728