無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ハミルトン軽々とポール獲得。ベッテル迫るがやはりマシン差が・・・・

JUGEMテーマ:車/バイク



JUGEMテーマ:スポーツ



ハミルトンの圧勝ということだろう、今回の予選は。
ボッタスが途中2位にいたが、ベッテルがあっさりと抜く!

リカルドのパワーあふれる走りがよかったですね。彼はいい走りで4位
ボッタスが当初2位につけながら走るも、なんだかんだのベッテルがやってきたの感覚で3位。
ライコネンがむしろ現状を考えると素晴らしい走りでの5位ということだろう。
フェルスタッペンがタイム出ず。P2段階からまったくタイムが上がっていかない状態だった。
その中でのアロンソの走り。今季初の意地の走りを見せてくれた。
やはり契約関係がすっきりしたことと、その中での気持ちの安定がこれにつながったのかもしれない。
9位とはいえ、途中の7位つけは結構いい感じに思えた。
その中でオコンが7位を奪う。安定してセッション開始とともに飛び出しタイムを出していたのが印象的だった。
やる気と意欲の塊にしか見えてこない。彼が結果を出すとより一層盛り上がるように思えるところだ。
サインツもチームが変わりきっちりとマシンの性能を引き出している。来季ルノーは期待できそうな雰囲気だ。
10位にペレスが安定した走りで結果を出している。
マッサ、クビアトは結構いい走りをしていたが、だが他のタイムの出がよく11位と12位に落ち着いた。
結構今回の決勝は面白そうな予感がする。
サーキットの広さと天候の良さが久々のF1日和といった感じを作ってくれている。

1ハミルトン2ベッテル3ボッタス4リカルド5ライコネン6フェルスタッペン7オコン
8サインツ9アロンソ10ペレス11マッサ132クビアト14グロジャン
15ヒュルケンブルグ16エリクソン17ストロール18ハートレイ19ウォーレイン
20マグヌッセン
| F1スピード小僧 | F1 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://f1speed.uncle-matu.com/trackback/1239694