無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
小林可夢偉選手予選順位アップ。7位でスタート。シューマッハのハミルトンへの行為とルノー勢が走らなかったため。
JUGEMテーマ:車/バイク
まあレギュレーション上の問題とシューマッハのハミルトン走行中の問題で可夢偉選手の予選順位が繰り上がった。
10位から3台抜きでの7位だ。
シューマッハが防波堤になればルノー2台が突っ込んできても巻き込まれずに済む可能性が高い上に何かあれば上位走行が一気に可能な順位になっている。
フェラーリを追いかける可夢偉選手という最高の出来事をみることができるかもしれない。

なんであれ最高の予選になった。
レッドブル、マクラーレン、フェラーリの3強の次に位置する日本代表小林可夢偉選手。

さあ明日は東北への力をマシンに込めて走ってほしい。

しかし凄い。地元で強い選手は最高だ。
 
| F1スピード小僧 | F1 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2011/10/09 9:05 PM posted by: マクラーレン

チーム戦略、パーツなどが全部メキシカンに渡っていると。 ホンマらしいですけど。
アイツは速いんです。 ホンマに。

スタートの手順も小林の責任ではない。
エンジニアの指示ミスですよね?




2011/10/10 8:48 AM posted by: F1スピード小僧
小林選手のコメントを読むと「路面の状況と回転数が合わなかった」とあります。(某新聞)指示ミス以前にザウバーのマシンのシステムの問題がやはりまだまだあるのでしょうね。ただし今はハイテク装置は結構ないわけだから、言ってはいけない何かがあると考えた方がいいのかもしれないような気がします。ピットサマリーを見てみないとなんともいえないですけれど、ひょっとしてクラッチ?の何かがといった気もします。あまりにもクラッチミートが悪すぎるスタートだっただけに何かがあったのでしょうね。フェラーリエンジン側の問題だったりするような部分がひょっとして。
とにかくあまりにも残念なレースでしたね。戦略はしかし最近全くもって「あれ?」っと思わず感じます。うーんスポンサー求む!というのが本音の部分かもしれないですね。
まあ次の入賞に期待しましよう。予選のあの脅威の走りはやはり只者ではないことの証明でしたね。うーんあのQ2は最高だった。
2011/10/11 6:18 PM posted by: マクラーレン
悔しのは彼本人ですもんね。
2011/10/13 5:21 AM posted by: F1スピード小僧
先を見てくれればそれで十分という感じもします。
韓国GPでの入賞に期待しましょう。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://f1speed.uncle-matu.com/trackback/1238703